【リゾナーレ那須・1日目】人気ランチ店と南ヶ丘牧場を散策してからチェックイン!

人気ランチ店のハンバーグ お出かけ

こんにちは、ふせんです。
先日まとめたリゾナーレ那須の記事の詳細、初日編をお届けします。

リゾナーレ那須に行くなら、立ち寄ってほしいおすすめのレストランも紹介しています!それではさっそくまいりましょう!!

【11:30】早めに那須塩原着!「フランシーズ・ナチュール」のランチ♪

チェックイン前から那須塩原を堪能したかったので、今回はランチから楽しむ作戦で行きました。

那須塩原駅でレンタカーを利用し、車で10分ほどのお店「フランシーズ・ナチュール」に向かいます。

お店の外観はこんな感じ。そうです、とっても可愛いんです…!!

フランシーズ・ナチュール外観

ランチは11時30分、12時30分の枠があり、私たちは11時30分の枠を予約しました。オープンも11時30分ぴったりなので、少し早めに着きましたが入ることができず、外で待っていました。車の中で待っている方もちらほらいましたね。

店内もとってもおしゃれな雰囲気です。お母さんとか連れて行ったら喜ぶだろうなあ。

フランシーズ・ナチュールの室内

コロナ対策としてはお店に入ってすぐ、手の消毒をお願いされます。席についてからも、食事をするとき以外はマスクをつけておくようお願いされました。

そして人気店ということだけあって、すぐにお客さんでいっぱいになります。

メニューはこちら。

フランシーズ・ナチュールのランチメニュー

和豚ハンバーグのお店なので、ハンバーグのメニューがぎっしり。

わたしは「ハンバーグ香草バターソース」を、旦那さんは「ハンバーグ粒マスタードクリームソース」を注文しました。

まわりの人の注文にも耳をすませて聞いてみたところ、やはりこの2つが人気な様子。

まずは、サラダとスープが出てきました。お腹が好きすぎて一瞬で食べ終わりました。笑

ランチのサラダセット

そして待つこと、約30分…!ようやくハンバーグが到着しました!
こちらがわたしが注文した「香草バターソース」です。ニンニク、バター、バジルが合わさったような良い~香りがします…!

ハンバーグ(香草バターソース)

ハンバーグのおいしさ、本当に感動しました。おしゃれなお店にいくと、見た目重視で味がおいしくないとか、量が少ないからラーメンが良いとか、普段口うるさい旦那さんも大満足の様子。「連れてきてくれてありがとう!!」と感動してました。よかったあ。

そして、最後はデザートです!2人とも「プリン」を注文しました。

デザートのプリン


プリンが手作りプリンならではのおいしさ。バニラアイスと一緒に食べる幸せ…!他の方が食べていたピーチパフェも美味しそうでした。

こんなに大満足のメニューがお値段1600円!都心だったら3000円くらいはするだろうなと思います。旅の初っ端から「那須塩原、最高!」と叫びたくなる勢いです。

正直、このあと食べた「リゾナーレ那須」の食事より満足度高いです。笑

こちらはぜひ立ち寄ってほしい!

【13:30】南ヶ丘牧場でまったり動物見学

ランチを終えた後もまだチェックインまで時間がありますので、牧場へ行くことに!リゾナーレ那須と距離が近い、南ヶ丘牧場へ向かいました。

牧場はコロナ禍でも大盛況の様子。

南ヶ丘牧場の入口

動物と触れ合うだけでなく、釣り体験もできるようです。入ってすぐの釣り堀が涼やかです♩

涼しげな釣り堀スポット

牧場の中ではうさぎとヤギと触れ合えるコーナーが人気でした。ヤギはお腹が空いているのか、エサを持っている人にたかっていて少し怖かったです。笑

こちらはロバと馬のコーナー。こちらはエサを購入して、筒を通してエサをあげることができます。馬に乗れるコーナーもありましたよ。

ロバと馬のえさやり風景

最後は牛のコーナー。こちらはまーったり牛を眺めます。びっくりするほど牛は動きません。

微動だにしない牛さん

撮影スポット?になりそうな牛さんのモニュメント。額がハート柄!

額がハートの牛のモニュメント

一通りの動物たちを眺めたら、名物のソフトクリームを食べて休憩!

南ヶ丘牧場のソフトクリーム

ソフトクリームは普通のものと、プレミアムの2種類。欲張ってプレミアムを頼みましたが、甘すぎた…!甘党ではないので、普通のにしておけばよかったと思いました…。

お土産やさんは牧場というだけあって、牛乳などの乳製品が豊富!

ガンジーゴールデンミルク

ミルクジャムも美味しそう!

ミルクジャム

【16:00】リゾナーレ那須チェックイン!

南ヶ丘牧場を散策した後は、いよいよ本日の宿、リゾナーレ那須に向かいました。

フロントはこんな感じ。星のや軽井沢と比べると、とってもコンパクトな印象です。

リゾナーレ那須のフロント周辺

お部屋は大きな窓越に緑を眺めることができる本館をチョイス。こちらもコンパクトなつくりですが、窓からの緑が気持ちいい!

リゾナーレ那須の本館客室

【16:30】リゾナーレ那須の館内散策

お部屋で一息ついたら、館内散策スタートです。

散策のお供となるのがチェックイン時にもらった、こちらのマップ。

リゾナーレ那須のエリアマップ

本館の部屋からぐるっと反時計周りにリゾナーレ那須を散歩してみました。

本館からまっすぐレセプションの建物を通りすぎると、大きな橋が。

大きな橋

橋を渡り終えると、Book&Cafeとお子さんが遊ぶプレイエリアがある「POKO POKO」という施設が見えてきました。

POKOPOKO外観

施設内はこんな感じ。夕方に訪れたからか、お客さんはほとんどいませんでした。

POKOPOKO内観

レジ前はコロナ対策として、シートがしっかり貼られていました。

POKOPOKOのレジ前

せっかく立ち寄ったものの、寂しげで逆に居づらくなってしまい、そそくさと退出しました。笑

絵本などがあったので、お子さん連れの方はお茶をしながらお子さんに本を読んであげたりして過ごせるのかもしれないですね。

続いてはPOKO POKOを出てすぐの「POKO POKO広場」です。

POKOPOKO広場

この日は雨だったので人もいなく、こちらも寂しげな印象。晴れていたらこのエリアでピクニックなどを楽しめそうです。

道なりを歩いて行くと別館エリアの入り口が見えてきました。石造りで、なんだか遺跡のような雰囲気です。

リゾナーレ那須の別館入口

すぐ左手が別館の水庭が見える客室です。

別館の水庭

水庭の前は普通に通れてしまうので、人の目が気になるお部屋だなあと思いました。

水庭も思っていたのと違うというか、ただ水が溜まっているだけな印象を受けました…。(雨が降って水が濁っていたからコンディションがよくなかったのかも)

水庭の客室を通り抜けて、ラウンジとメインダイニングがある「OTTO SETTE NASU」へ向かいます。

「OTTO SETTE NASU」の入り口を見つけましたが、看板には「メインダイニング」としか書いていません。

メインダイニング看板

進んで、扉をみてみても何も書いていません。

メインダイニング入口

ラウンジに行きたいのですが、入り口は別なのだろうか…と周囲をうろうろ。たまたま見かけたスタッフの方に聞いてみると、ラウンジも同じ入り口とのこと!

(看板にラウンジと書いてくれればいいのに…ちょっと不親切だなと思いました)

扉を開けると、こんな景色が。階段を降りると、メインダイニングになります。

メインダイニング入ってすぐの様子

少し時間があったので、ラウンジでコーヒーを飲みながら気になった本を読むことにしました。

ラウンジ内は落ち着いた椅子と適度に本が並べられています。本は自然がテーマとなっているものを中心にセレクトされていました。

本が並べてあるラウンジ

飲み物はお好みのコーヒー、紅茶をセルフで入れる形式です。

ラウンジ内のセルフドリンクバー

コーヒー片手に今まで読んだことのない本をパラパラと読んで、つかの間のリラックスタイム。

ラウンジでコーヒー片手に読書

夜にゆっくりと本を読みたいなあと思っていたところ、気になっていた小説「昨夜のカレー、明日のパン」を発見!

星のや軽井沢では気になった本を部屋で読むことができたので、こちらも同じだと思い、このまま部屋に持って帰りました。(もしダメだったらごめんなさい!)

夜に読む用の本もゲットしたので、ラウンジを出て自然の多いエリアに入りました。

右手には川が流れ、とっても気持ちのいい散歩道です!!

リゾナーレ那須の散歩道

そして、少し歩くとドーンと田んぼのエリアが一面に広がります。

リゾナーレ那須の田んぼ風景

小さいカエルがぴょんぴょん飛び跳ねているので、踏まないように気をつけ、必死で田んぼ道を通り抜けました。笑

アグリガーデンも見えましたが、明日早朝に赴く予定があるのでそのまま客室に戻りました。

【18:00】早めのお風呂でスッキリ!

散策を終えたら、早めのお風呂へ。大浴場に向かいます。

大浴場入口

露天風呂はこんな感じで森が一望できて、とっても開放的。

大浴場のイメージ
出典:星野リゾート リゾナーレ那須公式サイト

近くの壁にカブトムシが止まっているのが気になりました。すごい。笑

森が近いから、そのぶん虫さんも目につくわけです。とはいえ、森を眺めながらの入浴は最高です!

大浴場の混雑具合を事前にQRコードを読み込んで確認できるので、とっても便利!私が入った時は一人しかおらず、貸切状態でした!

小さいお子さんを連れている方も多かったので、お部屋でお風呂を済ませる方も多いのかもしれませんね。

【19:30】ビュッフェレストラン「SHAKI SHAKI」でディナー

お風呂でさっぱりした後は、待ちに待った夕食の時間!

コロナの中、ビュッフェはどうなっているんだと思っていましたが、細部に対策がなされていました。

まず座席は飛沫防止のため透明な仕切りで区切られていました。

SHAKISHAKIの座席の様子

食事を取りに行くときはマスクとビニール手袋の着用を求められました。

座席にはコロナ対策の手袋とトレイ

食事を取りにいくエリアは料理ごとに、仕切りで仕切られています。

ビュッフェコーナーもアクリル板で仕切りが

そして席に着くと、まずチーズフォンデュとローストビーフが運ばれてきます。

野菜はチーズフォンデュとして、チーズを絡ませていただきます♩

チーズフォンデュ

ローストビーフは柔らかくって美味しい。こちらはビュッフェじゃないので、取り放題じゃないのが残念です。

ローストビーフ

それ以外、自分たちでとる料理は印象に残っているものがなく…。これで6200円はとても割高だなあと思いました。正直、3000円くらいのビュッフェに感じました。笑

↓私の盛り付けセンスがないせいもあります…。

センスのなさが光るビュッフェの盛り付け

デザートの種類も少なく、食べたいと思うものが全然なかったです…。写真は絞り込んで選んだティラミスと、チョコとオレンジのケーキ。

デザートの盛り合わせとコーヒー

お子様受けを狙っているのか、マシュマロみたいなものが乗っかったケーキやババロアっぽいケーキが多い印象です。高校生の時に食べたスイーツパラダイスのケーキを思い出しました。笑

…ケチらず、OTTO SETTE NASUのディナーにすればよかったと後悔。

お子さん連れのファミリー層が多く、かなりカジュアルなので、リラックスして過ごすにはもってこいですが、料理については感動はなかったです…。

【21:30】お部屋に戻って読書&就寝

ビュッフェディナーから戻った後は、客室のパジャマに着替えてのんびり読書タイム。

ラウンジで借りた「昨夜のカレー、明日のパン」が面白くって没頭。3時間かけて読破しました。頭が冴えて、寝つきが悪かったのは言うまでもありません。笑

リゾナーレ那須の初日レポは以上となります。ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

▼リゾナーレ那須2日目のブログはこちら

▼リゾナーレ那須1泊2日のまとめブログはこちら

お得な予約方法

星野リゾート「リゾナーレ那須」は公式サイト、もしくは一休などから予約できます。

一休限定の20%タイムセールを開催していたので、私は一休から予約しました。コロナの影響でキャンセルが突然出たりする状況なので、一ヵ月前になって格安で宿泊プランが出たりするようです!こまめにチェックしてみてください。

一休からの予約はこちら

タイトルとURLをコピーしました