rms beautyのベースメイク紹介(アンカバーアップとクリームファンデーションの比較口コミ)

rmsbeautyのアンカバーアップとクリームファンデーション コスメ

こんにちは、アラサー会社員ふせんです。

今回は最近溺愛しているrms beautyのコスメについて綴っていこうと思います。

コロナ禍でおうち時間が増え、しばらくすっぴんで過ごしていましたが、気持ちにが滅入ってしまって。やる気スイッチを入れるためにも、家にいるときも軽くメイクをしよう、お家メイクなら肌に負担のないものにしたい…そう考えたときに出会ったブランドです。

rms beautyのアイテムはいくつか持っておりますが、その中でも私が毎日使っているベースメイクについてご紹介していこうと思います。

rms beauty(アールエムエスビューティー)とは

rms beautyは一言で表現すると、従来のカラーコスメにはない、肌をケアしながらメイクするナチュラルカラーコスメです。

rms beautyの特徴を以下にまとめてみました。

rms beautyの特徴
  • 配合成分の栄養素を壊すことなく配合
  • 天然由来の栄養素が豊富に含まれ、肌を健康的な状態へ導く
  • 有害な化学物質、合成防腐剤、合成ビタミン、遺伝子組み換え成分不使用
  • 自然由来のナチュラルな成分なので、誰でもメイクが楽しめる
  • 製品パッケージはリサイクル可能

これだけでも、かなり興味が湧きますよね。

創設者のローズ・マリー スウィフト氏は長年ファッション&メイクアップ業界で働きながら、化粧品に含まれる化学物質の悪影響について多くのことを学び、化粧品はできるだけピュアなもの、そして長期的に健康をサポートものが望ましいという考えのもと、製品づくりを行なっているそうです。

詳しく知りたい方は、公式サイトのブランド哲学のページを読んでみてください!

この方がローズ・マリー スウィフト氏。シンプルですが、無駄なものをそぎ落としたメイクがとってもおしゃれ。

公式サイトでは彼女のコラム記事が紹介されており、シンプルだけどこだわりの詰まったライフスタイルにはとても共感が持てました。(コラムを読むと絶対欲しくなります笑)

そんなわけで、彼女の哲学にどっぷり浸かった私はちょこちょことアイテムを買い足していっているわけであります。

アンカバーアップとクリームファンデーションの違いは?

本題に戻りまして、rms beautyのベースメイクについてお話ししますね。

基本のベースメイクアイテムは主に2タイプあります。1つ目はコンシーラーも兼ねる「アンカバーアップ」、2つ目はセミマットな仕上がりの「クリームファンデーション」です。

違いを端的にまとめると、このような感じです。

アンカバーアップ(4,800円+税)

軽い使い心地で毛穴や赤みを自然にカバーできるファンデーション&コンシーラー。うるおいを与えてツヤのある晴れやかな仕上がりに。

アンカバーアップ
アンカバーアップの特徴(個人的感想)
  • カバー力:割と高め
  • 仕上がり:うるおいも感じられる
  • 化粧持ち:崩れるが、自然な崩れ方のため気にならない

クリームファンデーション(6,500円+税)

上品でハリのある美しいツヤ肌を演出する、セミマットな質感のクリームファンデーション。

クリームファンデーション
クリームファンデーションの特徴(個人的感想)
  • カバー力:そこまでない
  • 仕上がり:セミマットなので冬場は乾燥する
  • 化粧持ち:秋冬の乾燥による化粧崩れが気になる

どちらがおすすめか、個人的な意見で申し上げると「アンカバーアップ」ですね。

私自身が乾燥肌で、秋冬にクリームファンデーションを使ったところ、乾燥崩れが化粧してすぐに発生してしまいました。アンカバーアップは見た目とは裏腹(?)にうるおいがあるので、秋冬の時期に重宝しています。

それでは、実際に使ってみた感想をそれぞれご紹介していきます。

アンカバーアップ(ベージュオークル11)のレビュー

まず、見た目は固めのコンシーラーが詰まっているような感じ。バームタイプと表現されるのかな。カラーはやや明るめのベージュオークル11です。

手にとるときは、体温で溶かすような感じで指の腹を押し付けると綺麗にとれます。

アンカバーアップを手にとる様子

手の甲にぬった様子がこちら。ちょっと明るいですが、顔に伸ばすと自然になります。

アンカバーアップを手の甲に塗った様子

では、顔に塗っていきましょう。カバーしたいところを中心にポンポンと塗っていきます。私の場合は目の下のクマ、鼻周り、鼻横〜頬に適当に塗っていきます。

アンカバーアップを顔に適当に塗った様子

手で伸ばしても良いそうですが、私は手持ちのファンデーションブラシで伸ばした方が仕上がりが綺麗だったので、ファンデーションブラシで伸ばしてます。ブラシはamazonでレビューの良かった、SIXPLUSを使ってます。

アンカバーアップとSIXPLUSのファンデーションブラシ

仕上がりがこんな感じ。綺麗に伸びて、自然にカバーしてくれます。

アンカバーアップの仕上がり

反対側のすっぴんと比較すると、細かいうっすらシミが自然にカバーされています。

すっぴん肌の様子

とはいえ、いかにもファンデーション塗ってます感はなく、ナチュラルな美しさが手に入ると思います。

そして崩れても綺麗なんです。長時間マスクをつけた後も、崩れがほとんど気になりません。最近はもっぱらこればっかり使ってます。

クリームファンデーション(ベージュオークル11)のレビュー

続いてはクリームファンデーション。こちらもカラーは11です。

付属のスパチュラで少しだけすくいます。

クリームファンデーション

手の甲につけてたら、厚塗りにならないようにスパチュラでファンデを少し伸ばします。

クリームファンデーションを手の甲にのせた様子

ファンデーションブラシをちょんちょんとファンデ部分に当てたら、そのまま頬あたりから伸ばすような感じで顔につけていきます。擦らないように、スーッスーッと優しく伸ばします。(語彙力のなさ…)

クリームファンデーションをブラシでのばす様子

仕上がりがこちら。(うまく撮れていなかったので今度更新します)

強力なカバー力を求める方には向いていないですが、普段使いにナチュラルに肌を整えたい人におすすめかなと思います。

仕上がりはセミマットなので、春夏はパウダーで鼻あたりだけ抑えるだけでOK。

私も春夏はこちらのクリーンファンデーションを愛用していました。ナチュラルな仕上がりがとても気に入っていたのですが、秋冬になってからは、口周りが乾燥してヒビが入ったような崩れ方をしてしまったので、アンカバーアップに切り替えました。

そのため、繰り返しになりますが乾燥肌の方は秋冬はアンカバーアップを使用された方が良いかなと思います。

rms beautyおすすめの購入先

直営店とコスメキッチン、オンラインショップで購入できます。

都内在中なので東京の直営店(伊勢丹新宿店本館地下2階)に行ったことがあるのですが、下の写真のように地下&店内が少し暗くてタッチアップしても色味がよくわからないんですよね…。(その代わり、直営店なだけあって在庫は比較的ある)

実際に試すならコスメキッチンの方が店内が明るくて、色味がわかりやすいかもです。

コロナの影響もあるので、ある程度カラーに目星がついていたらオンラインで購入するのも手だと思います。

rms beautyの公式オンラインショップ

会員登録すると20ポイント、買い物すると100円につき1ポイント貯まります。貯めたポイントは商品に交換するか、1ポイント1円としてお買い物に使えます。直営店ではそのようなポイントサービスはないようです。

公式というだけあって、コスメキッチンと比較すると在庫は安定していますので、絶対欲しい!といった商品がある場合は、公式がおすすめです。

▼バナークリックでrms beauty公式オンラインショップに遷移します

コスメキッチンのオンラインショップ

rms beauty以外のナチュラルコスメも一緒に買いたい!という方はコスメキッチンのオンラインショップがおすすめ。会員ランクに応じてポイント還元があり、貯めたポイントは店舗とオンラインで併用できます。(私は今シルバーで5%還元、地味に嬉しいです)

コスメキッチンのオンラインの方が使い勝手は良いですが、在庫の変動が激しい印象があるのでこまめにチェックする必要があるかもしれません。

コスメキッチンのオンラインショップはこちら

ほかにも関連する情報を随時追加していこうと思います!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました