【結婚式DIY#2】1部34円!パワポでシンプルおしゃれな招待状を自作

結婚式

こんにちは、ふせんです。
前回は招待状作りに必要な用紙を購入しました。

今回は、パワーポイントを使って簡単に招待状を作っていきます

つまり、紙代しかお金がかかっていないので紙代(1,680円)÷50部で、1部あたり約34円で完成しました!

1部当34円の招待状がこちら

実際につくった招待状は一つ前の記事でちらっとご紹介していますが、表紙が気に入っていなかったので今回つくりなおしました笑

今回つくりなおした招待状がこちら。

招待状完成イメージ

3枚の内容は下記の通り。

  • 1枚目…表紙
  • 2枚目…挨拶
  • 3枚目…詳細/出席確認のQRコード

出席確認は返信ハガキを入れている方が多いですが、私の場合はスマホ慣れしている人たちばかりなので、WEBで出席を承る形にしました。(スマホ慣れしていない親族には返信ハガキを入れるなど、人によって一部調整しました)

返信ハガキ用の切手代も浮きましたし、友人たちからも「スマートでいいね!楽だったよ」と好評でした。

次からは実際の作り方をご紹介します。

パワーポイントのテンプレートをダウンロードする

まずは、ベースとなるパワポのテンプレート(ハガキサイズ)を用意します。

パワポの設定から「ハガキサイズ」にすることもできますが、自宅のプリンターでうまく印刷ができない場合はラクスルにお願いしようと思っていたので、ラクスルさんが提供しているポストカードサイズ」のテンプレートを使用しました。

※使用するのは横向きのテンプレートなので、「yoko」と書かれているファイルを開いておきます。

おしゃれなフリーフォントをダウンロードする

今回の招待状はシンプルな作りなので、フォントのデザインによって印象が左右されます。

デフォルトで用意されているフォントよりも、フリーのデザインフォントの方が味が出ますのでぜひダウンロードしてみてください。

フリーフォントについては、ARCH DAYSさんのフォントまとめ記事を参考にしました。
私が実際に使用したおすすめのフォントをご紹介しますね。

※すべてフリーフォントにはなりますが、利用規約など事前にご確認ください

はれのそら明朝

招待状の本文に使用したフォントです。どこか懐かしい雰囲気がありつつも、なんとなくおしゃれで品もある。いいとこどりのフォントです。

はれのそら明朝のイメージ

ダウンロードはこちら

Antro Vectra

ささっと書いたような抜け感がおしゃれなフォントです。これを使用するだけで一気におしゃれになります。比較的読みやすいフォントなので、招待状の見出しに使用しました

Antro Vectraのイメージ

ダウンロードはこちら

Aurellia Script

流れるような繊細な形が美しいフォント。おしゃれな分、読みにくさは否めないので、表紙などデザイン性を重視する表紙に使用しました。

Aurellia Scriptのイメージ

ダウンロードはこちら

テンプレートを使用していよいよ制作!

テンプレートの用意と、おしゃれなフォントの用意が終わったら、いよいよ制作編です。
3枚綴りで制作したので、1枚ごとに説明していきますね。

【1枚目】シンプルでおしゃれな表紙を作る

私が作成した、めちゃくちゃ簡単な表紙はこちら

招待状表紙

①タブメニューの挿入>図形>正方形/長方形 を選択して、長方形の図形を追加します。

図形追加のイメージ

こんなかんじ。

図形追加後

②タブメニューの挿入>画像 から予め用意していたブーケの写真を配置します。

当日使用するブーケと統一感を持たせたいなと思い、事前に作ってしたアーティシャルフラワーのブーケを花瓶に入れて、撮影しました。

写真がないよ!という方には「unsplash」というサイトがおすすめ。フリー素材で、おしゃれな写真がたくさんあります。

ブーケ画像を挿入

③タブメニューの挿入>テキストボックス>横書きテキストボックス を配置して、お好きなフォントでWedding Invention」等、入力して完成です。
ここで使用したフォントは「Aurellia Script」です。

撮影した写真はPhotoshopで不要な部分を取り除いていますが、パワポでもできます。その際のやり方もついでに説明しますね。

写真の背景をパワポで削除する方法

写真をパワポに配置します。

撮影写真を配置

挿入した画像を選択してから 書式>背景の削除 を選択します。

背景削除の方法

すると、削除される部分が色づきます。

削除部分のイメージ

メニュー左上に「保持する領域としてマーク」「削除する領域としてマーク」があるので、削除したいところ・したくないところをマークして調整します。 微調整はちょっと難しいですが、根気よくやればなんとかなります!

【2枚目】挨拶文

続いて、2枚目は挨拶文を記載します。完成がこちら。

挨拶文

日本語文のフォントは「はれのそら明朝」、見出しには「Antro Vectra」を使用しています。

こちらは人前式で使用する文言になりますので、皆様の挙式形式に合わせて調整してください。
一応、コピペできるよう下に掲載文言をはっておきますね。最後には、お二人のお名前をお忘れなく!

Greeting 
謹啓 皆様にはお健やかにお過ごしのことと
お慶び申し上げます
このたび 私どもの婚約が整い
結婚式を挙げることになりました
結婚の承認をいただきたく
日頃お世話になっております皆様に
立会人となって見守っていただきたく存じます
挙式後 ささやかな披露の宴を催しますので
ご多忙中誠に恐縮ではございますが
なにとぞご臨席賜りますようご案内申し上げます 
謹白

【3枚目】挙式の詳細/出席確認のQRコード

最後に挙式日・会場名・出席確認のQRコードを記載します。

挙式の詳細/出席確認のQRコード

WEB出席ツールには「RAKURAKU WEDDING招待状」を利用しました。

会員登録をしたら、デザインを選んで、必要事項を入力して完成!無料だけど、こんなに可愛くできました~!

WEB招待状

できあがったQRコードをパワポに貼りつけます。

あとはそれぞれ印刷するのみ。我が家では、親のプリンターを借りて印刷しましたw

ハトメパンチで3枚綴りにして完成!

最後はハトメパンチを使用して、まとめていきます。

実家にあった、こちらのハトメパンチを使用しました。藤原産業の「No.100 ハトメパンチ」です。5mmのハトメがつけられるものです。

ハトメパンチ

Amazonでみたら、コクヨのハトメパンチが人気のようです。招待状として人に送るものなので、ケチらず評価が良いものを買ったほうが安心かなと思います。

ハトメパンチの付け方は検索するとたくさん出てくるので、検索してみてください!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました